森永「ハイチュウっぽいチョコボール(CHOCO BALL)グレープ」「チョコボールっぽいハイチュウ(HI-CHEW)」紹介とわが家の感想

チョコボール
広告

「な、なんですか、それは⁈」

と聞きたくなるような「ハイチュウっぽいチョコボール<グレープ>」と「チョコボールっぽいハイチュウ」が新発売です。

いや~このコラボはびっくりしますよね。
どうしてまたこの2つだったのでしょうという不思議感もなくはないですが、森永さんの遊び心には、いつも楽しませてもらっています。

2つ並べて見ていると、すっかり入れ替わってしまったチョコボールとハイチュウ。まるで映画の中のようですね。

今回の「ハイチュウっぽいチョコボール<グレープ>」は、チョコボールのパッケージもすっかりハイチュウっぽいパッケージになっていて、逆にキョロちゃんがいるのが不思議なくらい(笑)

チョコボールの内側がハイチュウのグレープ味のチョコレートになっていると書かれているんですが、外側はどうなんでしょう?

公式HPを見ても、見た目も味もハイチュウっぽいという情報しかなく、外側のことは書かれていないんですよね。

そして「チョコボールっぽいハイチュウ<キャラメル味&いちご味>」ですが、当ブログでは、ソフトキャンディなどの紹介はしていないので、どうしたものかと思ったんですが、同時紹介という形で紹介してみることにしました。

とにかく、パッケージからしてチョコボールっぽい(笑)
キャラメルキョロちゃんといちごキョロちゃんが並んでいる姿を見ていると、決してハイチュウだとは思えないです。

キャラメル味は、外側がチョコレート味で内側がキャラメル味、いちご味は、外側がつぶつぶいちご味で内側がチョコレート味のハイチュウで、まさにチョコボールのキャラメル味といちご味が、そのままハイチュウになっちゃっています。

これはもう、食べてみるしかないですね。

ちなみに、チョコボールの歴史は生地にさせていただいたことがあるんですが、ハイチュウは初めての紹介になるので、少し調べてみたんですが、1956年から販売されていたチューイングソフトキャンディ「チューレット」の後継者で、1975年に初めて発売になったソフトキャンディです。

「子どもがガムを飲み込んでしまうので、飲み込んでも大丈夫なチューインガムがあればいいのに」という声から開発されたんだとか。
1984年、一時販売中止になっていたものの1986年にスティックタイプの新商品として、再度発売になり、現在に至ります。

子どもの頃から販売していて、好きだったのは好きだったんですが、まさか自分より年上だなんて、思ってもみませんでした。

ここからは、別々に紹介したいと思います。


・ハイチュウっぽいチョコボール<グレープ>

【商品名】
森永「ハイチュウっぽいチョコボール(CHOCO BALL)グレープ」

【発売日】2019/07/02(火)(期間限定)

【買った値段(スーパー)】税込52円

【アレルギー物質(27品目中)】乳、大豆

【内容量】
25g→16粒入っていました。

【カロリー(1箱当り)】
141kcal

【名称】準チョコレート


【注意点】
・小麦、卵、落花生を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
小麦、卵、落花生アレルギーの方はお気を付け下さい。

・注意点に入るかどうかわかりませんが、カロリーがあくまでも1箱あたりの推定数値です。粒数が違うこともあるようですが、おおよそ決まっていそうなので、1粒あたりのグラム数とカロリーを計算してみました。

1粒当たりのグラム数 25(g)÷16(粒)=1.5625g
1粒当たりのカロリー 141(kcal)÷16(粒)=8.8125kcal

フィルムを開けた瞬間から、すでにハイチュウのグレープの爽やかな香りが!
見た目はチョコボールなのに、なんて不思議な現象でしょう!

今回も残念ながら、エンジェルちゃんがいない・・・
いつか、現れてくれることはあるのでしょうか・・・

しかも、今回、写真を撮っていて気づいたんですが、今回の「ハイチュウっぽいチョコボール<グレープ>」の箱と定番チョコボールの3種類のどれかをつなげると遊べる楽しさがあると書かれています。

なんだろう?気になります!

これは、すごい!再現度、高いですね(笑)
ぶどうのフルーティーな甘酸っぱさが口いっぱいに広がって、まさにハイチュウグレープの味です。

噛み始める時に、なにかくにゅっとした噛み応えがあってハイチュウっぽいんですが、内側のチョコレートと交じり合うことで、今までに感じたことがあったようななかったような食感に変化して、噛み応えがあるけど、固くなくて、すぐに溶けないチョコレートのような感覚でおもしろいですね。


わが家の感想は・・・

全員一致・・・大絶賛。おもしろい。

という結果でした(^^)/


・チョコボールっぽいハイチュウ

【商品名】森永「チョコボールっぽいハイチュウ(HI-CHEW)」

【発売日】2019/07/02(火)(期間限定)

【買った値段(コンビニ)】税込138円

【アレルギー物質(27品目中)】乳、ゼラチン

【内容量】32g
・いちご味・・・標準4粒(1粒:標準4.3g)
・キャラメル味・・・標準4粒(1粒:標準4g)

【カロリー(1粒当り)】
・いちご・・・18kcal
・キャラメル・・・16kcal

【名称】キャンディー

これまた、再現度高いですね~(笑)
チョコボールが長方形になっちゃったみたいな色合いで、まさにハイチュウの形をしたチョコボールです。しいて言えば、いちご味の粒々がもう少しほしいかなという気もしなくもないですが・・・

ハイチュウの爽やかな香りではなく、チョコボールっぽい甘さのある香りで、外側と内側の色合いが、まさにチョコボールのキャラメル味といちご味ですね。

今回は、断面写真は省略させていただいて、食べてみると、香りで感じたままに、チョコボールっぽい濃厚な甘味があるのにチョコレートではなくて、噛み応えのある食感がおもしろいです。

キャラメル味は、少しコーヒーのようなほろ苦さがありつつ濃厚な甘味があり、いちご味は、フルーティーな酸味がありつつ濃厚な甘味があって、チョコボールよりも、少し大人の味わいに仕上がっているような気もしなくもない感じもあって、特にキャラメル味に関しては、コーヒーが苦手な子が食べることには、ちょっと苦手な味だったみたいです。

「ハイチュウっぽいチョコボール<グレープ>」から比べると、再現度が低いかなという印象で、「こんなハイチュウあってもいいよね」という感じですが、これはこれでおいしかったです。


わが家の感想は・・・

子ども3人+私・・・大絶賛。
子ども1人・・・絶賛。
子ども1人・・・いちごはおいしいけど、キャラメルは苦手。
旦那・・・おいしいけどソフトキャンディは歯について苦手。

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/