スポンサーリンク

ブルボン「きこりの切株<ひんやりカフェラテ味>」紹介とわが家の感想

他チョコレートor洋菓子
スポンサーリンク

「きこりのおじさん、顔色悪いよ!大丈夫?」

と、聞きたくなってしまう色白のきこりのおじさんに、ついつい目が行ってしまいますが、パッケージを触ると冷たいんじゃないかと思ってしまう「きこりの切株<ひんやりカフェラテ味>」が新発売です。

今回の「きこりの切株<ひんやりカフェラテ味>」では、吸熱作用があって冷涼感のあるエリスリトールという糖類を使って、アイスカフェラテの味わいを表現しています。

「エリスリトールとは何ぞや⁈」

と、思う人も結構いるんじゃないかなぁと思い、少し調べてみたので後述させていただきますね。

きこりの切株の新商品は、<ほろにがカカオ>が3月、<塩バニラ(パウチ)>が7月と、今年に入ってから3商品目。しかも、パウチと小袋タイプの違いはあるとはいえ、7月だけで2商品も新商品が出ることにびっくりしています。

ちなみに、1984年に発売されて以来、きこりの切株シリーズとしてコーヒー系の味わいが発売になったことがないわけではないようですが、今回のような大人も楽しむことができる夏の味わいというのは、今までにないパターンなんじゃないかなという印象です。

【商品名】ブルボン「きこりの切株<ひんやりカフェラテ味>」

【発売日】2019/07/30(火)(期間限定)(コンビニ・鉄道売店限定)

【買った値段(コンビニ)】税込108円

【アレルギー物質(27品目中)】乳、小麦、大豆

【内容量】34g→11個入っていました。

【カロリー(1袋当り)】176kcal

【名称】準チョコレート菓子


【注意点】
・卵を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
卵アレルギーの方はお気を付け下さい。

・小麦全粒粒入りのビスケットを使っています。
「小麦の胚乳は大丈夫だけど、表皮や胚芽にアレルギーがある」という方はお気を付け下さい。

・注意点に入るかどうかわかりませんが、カロリーがあくまでも1袋あたりの推定数値です。個数が違うこともあるようですが、おおよそ決まっていそうなので、1本個あたりのグラム数とカロリーを計算してみました。

1個当たりのグラム数 34(g)÷11(個)=3.090…g
1個当たりのカロリー 176(kcal)÷11(個)=16kcal

いいですね~!
袋を開けただけで、すぐにカフェラテだとわかるこの香り。

甘さ控えめでコーヒーの苦さをしっかり感じることができる微糖タイプのアイスカフェラテという印象です。

さくさくのビスケットがナイフを入れると割れてしまって、上にのせてみたんですが、不格好になってしまいましたね。

ん~・・・何度見ても顔色が悪いよ、きこりのおじさん。
冷たいアイスカフェラテ飲んで、一息ついてゆっくり休んでね。
実は、冷たすぎて凍っちゃったとか⁈

なんて、切り株よりもおじさんについつい気がいってしまいますが、気を取り直して実食です。

食べてみると、冷涼感をしっかり感じるアイスカフェラテの味わいで、コーヒーの苦味が引き立つ程度の甘味があって、ホッと一息つく時にほしい味わいです。

暑い日が続いている今、冷たいアイスカフェラテを飲みながら、「きこりの切株<アイスカフェラテ味>」を食べる・・・なんて贅沢なひとときなのでしょうとさえ、感じさせてくれる味わいで、珈琲のコクの旨味はありますが、甘さ控えめな分くどくないので、1袋あっという間になくなってしまいそうです。

仕事中のおともにも最適な味わいなんじゃないかなと思いますよ。

そして、エリスリトールですが、果実や発酵食品に含まれていて、希少糖の1つに分類されている天然の糖アルコールで、吸熱作用があるため、冷涼感を感じることができる性質を持っています。

小腸で吸収され、ほとんどが尿として排泄されるため、体に残りづらく、血糖値を上昇させづらい性質があり、虫歯の原因にもなりません。

ようは、ダイエット食品などによく使われている糖類のひとつといえばわかりやすいでしょうか。

砂糖などから比べると、甘さ控えめで冷涼感があるということで、まさに暑い時期に砂糖の代わりに使いたい糖類のひとつかもしれませんね。

とはいえ、お菓子はお菓子です。
カロリーがゼロというわけでもなければ、砂糖がまったく入っていないというわけでもありません。食べ過ぎには注意しましょうね。


わが家の感想は・・・

子ども2人+大人2人・・・大絶賛
子ども1人・・・絶賛。少し苦い。
子ども2人・・・コーヒー自体が苦手。

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。