スポンサーリンク

ブルボン「ミニバームロール(mini BaumRoll)塩レモンクリーム」紹介とわが家の感想

バームロールorロアンヌorルマンド
スポンサーリンク

ブルボンさんの「夏塩スイーツフェア」が開催されてから、もう少しで3週間。

「ロアンヌ<塩レモン>」
「エリーゼ<塩レモン>」
「ミニシルベーヌ<塩レモン>」
「ミニバームロール<塩レモンクリーム>」
「アルフォート<塩バニラ>」
「塩レモンのオムレット」
「白のアルフォートミニチョコレート」
「ショコラエリーゼ<瀬戸内レモン>」
「じゃがチョコ<塩レモン味>」

の9商品が順次、発売になり、今回紹介する「ミニバームロール<塩レモンクリーム>」は、当ブログ8商品目。

ネットショッピングでも、徐々に販売店舗が減ってきてしまっていますが、当ブログの紹介が大詰めを迎えていることもあり、せっかくなので紹介したいと思います。

「ミニバームロール<塩レモンクリーム>」というネーミングで、2017年から3年連続で発売になっているんですが、2017年版は石垣の塩を使った塩レモンクリーム、2018年版では同じく石垣の塩を使っているんですが、クリームだけじゃなく生地にも塩を使っていました。

今回の2019年版は、石垣の塩入りの文字がないんです。ファミリーサイズはすべて石垣の塩を使っていると思っていたので、パッケージのあちこち探してしまいました。

公式HPを確認してもミニバームロールのところは、「ミニロールケーキを塩味の効いた爽やかな塩レモンクリームで包み込んだ」としか書かれていません。

同じ塩レモンの味わいでも、お菓子の種類によってそれぞれに合った形で塩レモン味を表現する工夫をしているのが伝わってきますよね。すごい!

【商品名】
ブルボン「ミニバームロール(mini BaumRoll)塩レモンクリーム」

【発売日】2019/06/11(火)(期間限定)(コンビニでの販売はありません)

【買った値段(スーパー)】税込300円

【アレルギー物質(27品目中)】乳、卵、小麦、大豆

【内容量】139g(個包装込み)→標準15本(1本:標準8.9g)

【カロリー(1本当り)】46kcal

【名称】洋菓子


【注意点】
・洋酒・酒精が使われています。
大丈夫かと思いますが、お子さんやアルコールがとても弱い人、妊婦さんなどは、お気を付け下さい。

外装は、ピカピカ光る青色が基調色になっていて、「めずらしいなぁ」と思っていましたが、個装は、予想通りのピカピカ光る黄色。並べると、きれいな海にレモンが浮かんでいるようで、とっても爽やかですよね。

個装を開けると、思っていた以上に、塩レモンの塩っ気と酸味を感じる香りが漂ってきて、気分が晴れ渡り、悩みごともどこかに飛んで行ってしまいそうです。

しっかりとした刺激を感じる香りのイメージとは違い、ナイフを入れた時のふわふわな感触が心地よくて、小さな小さなくるっと巻かれたロールケーキが現れると、とてもかわいらしく感じます。

どちらかというと、濃厚な味わいが特徴だと思っていたミニバームロールですが、爽やかさいっぱいの塩味と酸味を感じ、ロールケーキなのにさっぱりと食べることができます。

ふわふわしっとり食感のロールケーキ生地と塩レモンクリームの相性が抜群で、しっかりとした塩レモンクリームの塩っ気と酸味をロールケーキ生地の甘味がやさしく包み込んでくれているような味わいです。

見た目には、塩レモンクリームがミニロールケーキを包み込んでいるのに、味わいになると反対にミニロールケーキが塩レモンクリームを包み込んでいるように感じるというのもおもしろいですよね。

ただ、塩味や酸味の効いた味わいが好きな私達にとっては、十分楽しめる味わいですが、わが家の子ども達にとっては、少し大人の味だったみたいです。


わが家の感想は・・・

子ども1人+大人2人・・・大絶賛
子ども2人・・・絶賛。もう少し甘味がほしい。
子ども2人・・・酸っぱしょっぱい。

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/