スポンサーリンク

ロッテ「乳酸菌ショコラ(SWEETS DAYS)グラノラ<3種のナッツ>モバイルパウチ」紹介とわが家の感想

紗々orスイーツデイズorアーモンドその他チョコレート
スポンサーリンク

ロッテさんと日東薬品工業さんが共同で開発した乳酸菌ショコラシリーズの中でも、グラノラと乳酸菌がコラボした乳酸菌ショコラグラノラから「乳酸菌ショコラグラノラ<3種のナッツ>モバイルパウチ」が新発売です。

「乳酸菌ショコラ グラノラ」が最初に発売になったのは、去年8月。
今年の2月にはいちご味も発売になり、乳酸菌ショコラシリーズの中でも独自路線を走っているという印象がありますよね。

今回の「乳酸菌ショコラグラノラ<3種のナッツ>モバイルパウチ」では、アーモンド、マカダミアナッツ、ヘーゼルナッツペーストの3種のナッツをグラノラと一緒にミルクチョコレートで包み込んでいて、チョコレートにもアーモンドペーストが練り込まれています。

チョコレートとの相性がいい3種のナッツがひとつになった時、どのような味わいになるのか、食べるのが楽しみです。

ちなみに、腸の調子を整えてくれる乳酸菌を含め、腸内に住んでいる腸内細菌の様子がお花畑(flora)に似ていることから、「腸内フローラ」と呼ばれています。腸内フローラを整えることで、腸の健康が保たれるとも言われ、善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌のバランスが大切だということを知っていますか?

今回は、中でも善玉菌と悪玉菌の関係を後述したいと思うので、興味がある方は読んでみてくださいね。

【商品名】
ロッテ「乳酸菌ショコラ(SWEETS DAYS)グラノラ<3種のナッツ>モバイルパウチ」

【発売日】2019/07/09(火)

【買った値段(コンビニ)】税込163円

【アレルギー物質(27品目中)】乳成分、小麦、大豆、ゼラチン

【内容量】34g

【カロリー(1袋当り)】175kcal

【名称】チョコレート


【注意点】
・卵、カシューナッツを含む商品と同じ製造ラインで作られています。
卵、カシューナッツアレルギーの方はお気を付け下さい。

・これは、あくまでも私の見解ですが、食物繊維と乳酸菌入りということで、安心感が芽生えて、食事からの栄養補給がおろそかになってしまいがちです。
栄養は、しっかり3度の食事からを忘れないでくださいね。

この形がかわいらしいんですよね。
グラノラとナッツ達がチョコレートで包まれながらくっついていて、手作り感があっていい感じです。

なんでしょう?
どのナッツが強いかと聞かれると、自信がないというのが正直なところなんですが、やっぱりアーモンド感が強いような気が・・・

こうして断面にして見てみると、グラノラとナッツ達がスナック菓子のように見えるのは、私だけでしょうか?

食べてみると、口に入れた瞬間は、コクのある深い味わいのミルクチョコという感覚ばかりですが、1度かむことで、ザクザクと音がなるほどの強い食感とは裏腹に、とってもやさしいグラノラの風味が広がり、ナッツの香ばしさが口いっぱいに広がり始めます。

私的には、アーモンドをメインに感じるような気がしますが、マカダミアナッツやヘーゼルナッツのそれぞれ異なるナッツ感が入り混じっていて、とても香ばしい味わいです。

もっとお互いが主張しあっている味わいを想像していたんですが、3種のナッツがそれぞれ助け合っているような感じで、グラノラと3種のナッツの仲の良さを感じました。

そして、前述した腸内フローラですが、腸内細菌は、大きく分けると、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種があり、全部合わせると100種100兆個以上の腸内細菌がいるといわれています。

そのバランスは2:1:7が理想だとされていていますが、1人ずつ腸内環境には違いがあり、理想とされるバランスは、人それぞれ違います。

人は、いい人もいれば悪い人もいます。
でも、どんなにいい人でも悪い部分があります。同じように、どんなに悪い人でもいい部分が必ずあります。

善玉菌、悪玉菌と呼ばれる腸内細菌たちも同じです。
善玉菌と呼ばれていても悪さをすることがあり、悪玉菌と呼ばれていても、いいことをすることがあるのです。

何事にもバランスが大切だということですね。


わが家の感想は・・・

子ども4人+大人2人・・・大絶賛
子ども1人・・・ナッツ自体が苦手

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。