スポンサーリンク

ロッテ「パイの実<クレームブリュレ>」紹介とわが家の感想

コアラのマーチorパイの実
スポンサーリンク

1979年生まれのパイの実。
今年40歳になったパイの実をお祝いするひとくちスイーツパイ第2弾、「パイの実<クレームブリュレ>」が新発売です。

4月に発売になった「パイの実<苺のミルフィーユ>」は、ひとくちスイーツパイの第1弾だったんですね!記事を書いた段階で、その情報に気づかずにごめんなさいという感じです。

今回の「パイの実<クレームブリュレ>」は、いつもの64層のパイの表面にかけられている糖がけが、なんといつも0のパイの実より20%増量!

パイの実のだいご味ともいえるあの糖がけが20%も多くかけられているなんて、パイの実ファンとして、なんて喜ばしいことでしょう!

しかも、内側のクレームブリュレをイメージした、ほろ苦&カスタード風味のチョコレートが包まれているということで、楽しみがいっぱいです。

ちなみに、今までにもパイの実からクレームブリュレの味わいが発売になったことがありそうだよなぁと思って調べてみたものの、カスタードプリンや焼プリンなどの味わいはあったみたいですが、クレームブリュレというネーミングのパイの実の過去の商品としては、みつけることができませんでした。

【商品名】ロッテ「パイの実<クレームブリュレ>」

【発売日】2019/07/23(火)

【買った値段(スーパー)】税込138円

【アレルギー物質(27品目中)】卵、乳成分、小麦、大豆

【内容量】69g→17個入っていました。

【カロリー(1箱当り)】380kcal

【名称】準チョコレート菓子


【注意点】
・注意点に入るかどうかわかりませんが、カロリーがあくまでも1箱あたりの推定数値です。個数が違うこともあるようですが、おおよそ決まっていそうなので、1個あたりのグラム数とカロリーを計算してみました。

1個当たりのグラム数 69(g)÷17(個)=4.058…g
1個当たりのカロリー 380(kcal)÷17(個)=22.352…kcal

外箱のかわいらしいイメージとは違って、かわいらしさにプラスしてかっこよさも感じる内装で、このギャップが好きだったりします。

内装を開けると、なかなかなカスタードの甘い香りが漂ってくるんですが、なにか、甘いだけではない苦さを感じるカラメルの香りもかすかに漂ってきて、まさに休憩の時にほしくなる香りです。

20%増量の糖がけ・・・
どうだろう?見た目には、そんなに違うかな?と感じてしまったんですが、心なしかパイの色が濃いような気がするのは、私だけでしょうか?

ん~・・・色が濃く感じるのは、気のせいなのかな?
もともとの色合いがわからなくなってきました。

表面からはわからなかったチョコレートの色合いが、こうして断面を見ると、しっかりクリームブリュレをイメージされているのが伝わってくる色合いですよね。

口に入れた瞬間は、クレームブリュレというよりも濃厚な甘味のカスタードパイのような感覚が強いような気もしなくもないですが、カラメルのほろ苦さがじわじわと感じるようになってきて、クレームブリュレに近づいていきます。

糖がけ部分がカリッとなるのを感じながら、パイ生地のサクサク食感へと繋がっていく食感のアクセントが、濃厚な甘味を抑えてくれていて、サクサク食べることができるクレームブリュレといったところでしょうか。

乾燥卵黄0.2%を使っているというだけあって、濃厚な旨味がありつつ、思ったほどくどくないので、これはこれでとってもおいしいんですが、クレームブリュレと考えると、もう少しカラメル感がほしかったかなぁというのが正直なところかな。

でも、子ども達にとっては、「やり過ぎはよくない。このくらいがいいんでしょ。」と、大喜びの味わいだったようです。


わが家の感想は・・・

子ども5人・・・大絶賛
大人2人・・・絶賛。カラメルの苦味がもう少しほしい。

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。