スポンサーリンク

明治「宙アポロ」紹介とわが家の感想

アポロorマーブルorベビー他
スポンサーリンク

「アポロが宇宙に飛んでっちゃった!」

なんて、びっくりしてしまうような幻想的なパッケージの「宙アポロ」が新発売です。

アポロ11号が人類初めて月面着陸したのは1969年7月21日、そして、アポロブランドとして再出発したのは、1969年8月のことでした。
どちらも今年は50周年の記念の年に当たります。

50周年をうけ、宇宙をイメージして作られたのが今回の「宙アポロ」です。
ミックスベリー&ソーダ味ということで、アポロのイメージとは全く違った色合いのアポロに、なんだか不思議感がいっぱいです。

今回の「宙アポロ」は、ミックスベリー果汁を7%使われている土台の上に、パチパチキャンデー入りのソーダ風味がのせられた2層になっている大粒タイプのアポロです。

ミックスベリーには、いちごパウダーとブルーベリー果汁パウダーが使われていて、ソーダ風味とどのように絡み合うのか、食べるのが楽しみです。

ただ、原材料を見てみると、カカオという文字が一切ないんですよね。名称も準チョコレートや準チョコレートなどの文字がなく、ただの「菓子」になっているのが、妙に気になります。

ちなみに、アポロが商標登録されたのは、1969年より3年前の1966年だって知っていますか?三角の形は、たしかに宇宙船の形をイメージして作られたものなんですが、ギリシャ神話のアポロンという神様が名前の由来で、アポロ11号が月面着陸したことで、一気に知名度が上がり、現在のアポロがあるんだとか。

何がきっかけになるのかわからないものですね。すごい!

【商品名】明治「宙アポロ」

【発売日】2019/07/30(火)(期間限定)(コンビニ・駅売店限定)

【買った値段(コンビニ)】税込216円

【アレルギー物質(27品目中)】乳成分、大豆

【内容量】42g→7個入っていました。

【カロリー(1箱当り)】242kcal

【名称】菓子


【注意点】
・小麦を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
小麦アレルギーの方はお気を付け下さい。

・注意点に入るかどうかわかりませんが、カロリーがあくまでも1箱あたりの推定数値です。個数が違うこともあるようですが、おおよそ決まっていそうなので、1個あたりのグラム数とカロリーを計算してみました。

1個当たりのグラム数 42(g)÷7(個)=6g
1個当たりのカロリー 242(kcal)÷7(個)=34.571…kcal

ふたを起こして線の通りに折り曲げると、自分が宇宙に行った気分になれる楽しさ溢れる仕掛けになっています。

かわいらしいピンクの内装から飛び出した宇宙船が、アポロなのにアポロっぽくない雰囲気ですが、地球を覆う大気から星がたくさんある宇宙へと飛び出した宇宙船といったところでしょうか。

どちらかというと、ソーダ感が強いのかなという印象で、ミックスベリーの甘酸っぱさが陰に隠れてこっそりこちらを除いていて、かすかな香り程度に感じます。

大粒アポロは、とってもナイフを入れやすくて、きれいな断面写真が撮れました。
ナイフを入れた時の感触がチョコレートではないといっているような感じがします。

表面からも粒が見えていましたが、こうして断面にすると、パチパチキャンデーが入っているのがはっきりとわかりますね。

食べてみると、かすかにミックスベリーの甘酸っぱいフルーティー感はあるんですが、恥ずかしいのか、あまり表に出てきてくれないです。土台として、裏から守るんだという現れでしょうか。

その分、ソーダの爽やかさがしっかりしていて、パチパチキャンデーが弾けるたびに、本当にソーダを飲んでいるような感覚に陥ります。

強調しすぎないミックスベリーの甘酸っぱさを感じて、やんちゃなソーダとパチパチキャンデーを陰ながらしっかりと守ってくれている印象です。
土台がしっかりしていればしているほど、安心してやんちゃができるというものですよね。

アポロであってアポロらしくないという気もしなくもないですが、宇宙の旅を十分、楽しませてもらうことができましたよ。


わが家の感想は・・・

子ども5人・・・大絶賛。
大人2人・・・絶賛。ミックスベリーの味がもう少しほしい。

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。