スポンサーリンク

ロッテ「クランキー(CRUNKY)とうもろこし」紹介とわが家の感想

クランキーorチョココ
スポンサーリンク

「な、なんて大胆なチョコレートとのコラボでしょう!」

と、「クランキー<とうもろこし>」が新発売になって、びっくりした人も多いのではないでしょうか。そういう私もちょっとびっくりした1人ですが、そこは北海道民。すぐに、

「よく考えたら、とうもろこしとチョコの組み合わせって普通にあるし。」

なんて、すぐに気持ちが落ち着きました。

今回の「クランキー<とうもろこし>」は、北海道産とうもろこしパウダーを100%使ってくれているとってもありがたいクランキーで、製品中に生換算で5.8%もとうもろこしが使われています。

パフととうもろこしがどのように絡み合うのか、楽しみであり、不安でもあり、複雑な思いでパッケージを見てしまいまうクランキー初の味わいに、買うかどうか迷っている人も多いと思いますが、まずは、食べてみないことには先には進めないですよ。

【商品名】ロッテ「クランキー(CRUNKY)とうもろこし」

【発売日】2019/08/20(火)

【買った値段(スーパー)】税込106円

【アレルギー物質(27品目中)】乳成分、小麦、大豆

【内容量】1枚(1枚:標準45g)

【カロリー(1枚当り)】255kcal

【名称】準チョコレート


【注意点】
・注意点に入るかどうかわかりませんが、カロリーがあくまでも1枚あたりの推定数値です。1枚を24枚にわけることができる線があるので、24分の1枚あたりのグラム数とカロリーを計算してみました。

24分の1枚当たりのグラム数 45(g)÷24(枚)=1.875g
24分の1枚当たりのカロリー 255(kcal)÷24(枚)=10.625kcal

よく見ると「Lotte」の文字が逆さまになっている(汗)
確認、大切ですね。

なかなかな感じですね~!すごいとうもろこしの甘い香り!
クランキーが黄色というのもおもしろいですが、こうして見ると、とうもろこしがきれいに並んでいる姿が重なって見えてくる気がします。

いいですね~割るといつものようなパフが見えて、これでやっとクランキーっぽくなってきました。

さて、みなさんが1番気になっている所だと思うのは、食べてみた時の感想ですよね。

正直に言うと・・・ものすごくとうもろこしの甘味があって、とうもろこしとしてはおいしいとうもろこしなのかなとは思うんですが、チョコレートとしては、ちょっと・・・

全然、おいしくないというわけではないんですが・・・

さて、ここからが本番。
外箱裏面に「クランキー<とうもろこし>」の本当の食べ方が書かれていました。

チョコレートを焼く・・・そう、焼きチョコですね。
正直に言うと、最初は間違って、ただ焼いてみたんですが、パッケージ写真のように色がつかないんですよね。

食べてみても、もともとパフでサクサク食感のあるクランキーにほろほろ食感がプラスされた違いがあるだけで、焼く前と味わい的には、それほど変わらないかな~という印象でした。

ところが、よく見ると「しょうゆを塗ったクランキー<とうもろこし>」と書かれているではありませんか!

この確認不足の自分の癖、なんとかならないですかね・・・

醤油をかけてみると、チョコレートがとにかく弾いちゃうんですが、トーストで焼き始めるとチョコレートと絡み合ってくれるので大丈夫です。

とにかく、醤油をかけてトーストで焼いてみたところ、ちょっと焼き過ぎて端の方が焦げてしまいましたが、これぞまさしく焼きとうきびチョコ!

失礼しました。
「とうきび」というのは、北海道弁でとうもろこしのことです。
ついつい北海道弁が出てしまうほどに焼きとうもろこしで、とうもろこしの甘味と醤油のしょっぱさが交じり合って、びっくりするほどにおいしいです。

どうなることかと思いましたが、これぞまさしく北海道の味わい。
もちろん、まずはそのまま食べてみてほしいですが、私的には、絶対的に醤油をかけてトーストで焼いて食べることをお勧めします。

ぜひ、試してみてくださいね。


わが家の感想は・・・

全員一致・・・トーストで焼いたら大絶賛。

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。