スポンサーリンク

森永「グリッチ(GURICH)フランボワーズ」「グリッチ(GURICH)ヘーゼルナッツ&フィアンティーヌ」紹介とわが家の感想

ベイクorエモorモグモグ他
スポンサーリンク

森永さんから、かわいらしいパッケージが印象的な新アイテム「グリッチ」が登場。

今回は「グリッチ<フランボワーズ>」と「グリッチ<ヘーゼルナッツ&フィヤンティーヌ>」を同時紹介させていただこうと思います。

2商品ともに、味わいの木の実がたくさん散りばめられていて、とても華やかでありかわいらしさもあるパッケージが同時発売ということで、スーパーのお菓子の棚にあるはずなのに、なにか専門店にチョコレートを買いに来たかのような雰囲気が漂っています。

フランボワーズは、フランボワーズとクランベリーチップが練り込まれたチョコレートを、約1mmという薄さのほろ苦いチョコレートで包んでいます。

生換算でフランボワーズを22%使っているということですが、クランベリーチップも製品中2.4%使われていて、フランボワーズが主役のWベリーの味わいともいえるかもしれませんね。

ヘーゼルナッツ&フィヤンティーヌでは、ヘーゼルナッツペーストとフィヤンティーヌを練り込んだチョコレートを、約1mmという薄さのほろ苦いチョコレートで包んでいます。

ヘーゼルナッツペーストを4.4%使っていて、薄く焼いたクレープ生地をクラッシュしたフィヤンティーヌのコラボに、心が躍ります。

さて、今回、初めて発売になった「グリッチ」ですが、“素材・具材をグッと練り込み、味わいがリッチである”ことを表現して「グリッチ」というネーミングがつけられたそうです。

繊細で複雑な味わいを楽しむことができるようにと、森永さんが開発を進め、素材はもちろんのこと、具材の組み合わせや配合などにこだわりぬいて作られたチョコレートで、こんなに早く食べることができることを嬉しく思います。

【商品名】
・森永「グリッチ(GURICH)フランボワーズ」
・森永「グリッチ(GURICH)ヘーゼルナッツ&フィアンティーヌ」

【発売日】2019/08/27(火)

【買った値段(スーパー)】2商品ともに税込235円

【アレルギー物質(27品目中)】
・フランボワーズ・・・乳、大豆
・ヘーゼルナッツ・・・小麦、乳、大豆

【内容量】40g→標準8粒(1粒:標準5.0g)

【カロリー(1粒当り)】
・フランボワーズ・・・25kcal
・ヘーゼルナッツ・・・28kcal

【名称】準チョコレート


【注意点】
・<フランボワーズ>では小麦・卵、<ヘーゼルナッツ&フィアンティーヌ>では卵を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
それぞれのアレルギーのある方はお気を付け下さい。

2商品ともに、それぞれ外箱がきらきらと光り始めましたという印象の内装で、予想はしていたんですが、思っていたよりも贅沢感があり、中から現れる四角いチョコレート達がまたかわいらしいこと。

きれいに平らになっているのではなく、少しぼこぼこしている感があって、手作り感満載です。見た目は、それほど2商品ともに変わりはないんですが、それぞれのネーミングにある木の実の香りがたまらないですね。

ここからは、別々に紹介したいと思います。


<フランボワーズ>

外箱裏面に、内側のフランボワーズチョコレートが「やわらかいチョコレート」と、表現されているのが、ナイフを入れただけですぐにわかります。

フランボワーズの甘酸っぱい香りを内装を開けた瞬間からしっかりと感じることができ、口に入れてみると、その香りとともにほろ苦いチョコレートのカカオ感がほんのりと香ってきます。

これは、おいしいです!
1mmという薄さのチョコレートなのに、しっかりとカカオの苦味を感じることができ、フランボワーズとクランベリーというWベリーとともに、奥深い味わいへと導いてくれます。

やわらかなチョコレートが口の中で溶けていくとともに、フルーティーなチョコレートの繊細でやさしさのある旨味が増して、贅沢な味わいを感じさせてくれます。


わが家の感想は・・・

全員・・・大絶賛

という結果でした(^^)/


<ヘーゼルナッツ&フィヤンティーヌ>

フランボワーズとは違って、内側のチョコレートにナイフを入れた時に、やわらかさにプラスして何かサクサクっとしたものがあります。これがフィヤンティーヌですね。

ナッツ感がすごくて、秋を身近に感じるようになって涼しさを感じるようになってきたはずなのに、南国の温かさを感じるような香りと味わいがとっても心地いいです。

ん~・・・これもまた、おいしいです!
ヘーゼルナッツの旨味とほろ苦いカカオの旨味が混ざり合った濃厚な味わいが、サクサク食感のフィヤンティーヌと絡み合うことで、深い味わいを保ちつつもくどさを感じない温かみのある味わいになります。


わが家の感想は・・・

子ども4人+大人2人・・・大絶賛
子ども1人・・・ナッツ自体が苦手

という結果でした(^^)/


華やかさのあるフルーティーな甘酸っぱさのある「フランボワーズ」と、温かみのあるナッツ感とサクサク食感が香ばしい「ヘーゼルナッツ&フィアンティーヌ」。

2商品ともに完成度が高すぎて、どちらか1つを選べと言われても選べないくらいにおいしいです。

1mmという薄さのチョコレートに包まれた内側のやわらかなチョコレートとの相性が、2商品ともに洗練された味わいになっていて、これはぜひ、通年商品にしてほしいな~と思わずにはいられないくらいでしたよ。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。