スポンサーリンク

ロッテ「紗々(SASHA)錦ほうじ茶」紹介とわが家の感想

紗々orスイーツデイズorアーモンドその他チョコレート
スポンサーリンク

深い夕日のような色合いのパッケージを見ていると、なんだか心が落ち着きますね。

芋・栗の味わいがたくさん並ぶこの時期ですが、ロッテさんからは「紗々<錦ほうじ茶>」が新発売になりました。

正直に言うと、色合い的に「栗かな?」と思いながら手に取ったんですが、ほうじ茶なんですよね。びっくりしました。

今回の「紗々<錦ほうじ茶>」には、加賀棒ほうじ茶100%のほうじ茶パウダーを使ったほうじ茶チョコレートとホワイトチョコレート、そしてビターチョコレートの3種が織り込まれたチョコレートがどのように絡み合うのか、今から食べるのが楽しみです。

ちなみに、紗々からは、去年は「琥珀安納芋」、2017年は「深黄(ふかきき)ぐり」などの秋の味わいも販売されることもあるんですが、今年のように、2016年「千歳抹茶」、2012年「石臼挽き抹茶」などのように、お茶の味わいを秋に販売していたこともあるんです。

今年のように、芋や栗の味わいにプラスして、お茶の味わいを楽しむことができるなんて、秋は、和の味わいがたくさんで、なんかいいですね。

【商品名】ロッテ「紗々(SASHA)錦ほうじ茶」

【発売日】2019/08/27(火)(秋季限定)

【買った値段(コンビニ)】税込189円

【アレルギー物質(27品目中)】乳成分、大豆

【内容量】69g(個包装込み)(1枚:標準4.4g)

【カロリー(1枚当り)】25kcal

【名称】チョコレート


【注意点】
・卵、小麦を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
卵、小麦アレルギーの方はお気を付け下さい。

この高級感。いいですね~。
外箱表面と同じ色合いなのかと思いきや、外箱側面と同じ色合いの個装で、これがまた、紗々らしさいっぱいです。

個装を開けると、さすが和の香りともいえるホッと安心できるほうじ茶の香りがふわっと漂ってきて、ついつい休憩をはさみたくなってきてしまいます。

何度見ても、紡がれた糸を織り込んだようなこの形、すごいですよね。

食べてみると、ビターチョコレートとホワイトチョコレート、そして加賀棒ほうじ茶チョコレートの3種類の味わいがほど良く交じり合いながらも、主役であるほうじ茶の味わいをまったく邪魔していません。

さすがと言えるほどの和の思いやりを感じる味わいで、苦味と甘味、そして渋味が交じり合った味わいに、落ち着きを取り戻すことができたような気がします。

何かと忙しい毎日の中、へとへとになって、落ち込んでしまう時があります。
そんな時には、一息ついて、おいしいお茶が飲みたくなりますよね。

お茶と一緒にチョコレートというのもおかしな話に感じてしまいがちですが、コーヒーではなく、お茶のおともにぜひ食べてもらいたい味わいです。


わが家の感想は・・・

子ども4人+大人2人・・・大絶賛
子ども1人・・・ほうじ茶自体が苦手

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。