スポンサーリンク

チロルチョコ(TIROL)「コーヒーヌガー」「ミルク(生クリーム入り)」「きなこもち」&大福3種類、紹介とわが家の感想

その他
スポンサーリンク

今回は、いつもとは少し違う形で、チロルチョコの定番中の定番、

「チロルチョコ<コーヒーヌガー>」
「チロルチョコ<ミルク(生クリーム入り)>」
「チロルチョコ<きなこもち>」

の3種にプラスして、山崎製パンさんから発売されているチロルチョコさんとのコラボ

「コーヒーヌガークリーム大福」
「ミルククリーム大福」
「きなこもち風味クリーム大福」

を紹介していこうかなと思うんですが、正直に言うと、こうして記事を書き始めたものの、まだ構成を考えていません(笑)
どうしたものか・・・

とりあえず、チロルチョコの定番3商品ということもあるので、チロルチョコさんの公式HPなどの情報をもとに歴史をまとめてみますか。

チロルチョコは、1962年に松尾製菓株式会社から、現在のチロルチョコが3山になって繋がっている形の「チロルチョコ<ミルクヌガー>」というネーミングで発売になりました。

チロルというのは、オーストリアとイタリアの境にあるアルプス山脈東部にチロル地方をイメージして付けられたネーミングで、松尾製菓さんがチョコレートを作ろうと思い立った時に訪れた土地なんだとか。

発売当初は、1つ10円だったようですが、時代の波には勝てません。
1973年には20円になり、1976年には30円になり・・・
たとえ30円でも安いんですが、子どものお小遣いでも買えるようなチョコレートをという想いとは裏腹に値段をあげなければいけない現状に思い悩んでいたようです。

1977年に3つ山の形の「コーヒーヌガー」が発売になります。
コーヒーヌガーの3つ山が販売されていたんですね!
これが現在でも販売されている「コーヒーヌガー」の始まりです。

2年後の1979年に、もともと子どもが買いやすいチョコレートをという原点に戻るために、10円チロルチョコとして「コーヒーヌガー」が現在のチロルチョコの形になって発売になりました。後に紹介しますが、今回の記事に使われている写真の「きなこもち」の大きさです。

この頃からいろいろな味が発売になっているんですが、「ビスケット」や「ストロベリー(ゼリー)」などもこの時期に発売になっていて、私が子どもの頃、大好きだったのが「キャラメル(キャラメルクリーム入り)」でした。

バラエティパックが発売になったのもこの頃からで、1987年のことです。
これに関しては、また別の機会に・・・

まったく知らなかったんですが、この頃、洋酒・ワインなどが入ったチロルチョコも発売になっていました。チロルチョコは、子どもだけのものではなかったんですね!

1989年、バーコードを入れるために、袋に2個入っている2個パックで20円のチロルチョコや、箱にチロルチョコ9個入っていて100円の「ミックス」が発売になり、次の年の1990年に「ミルク(生クリーム入り)」が発売になりました。

年を同じくして、3つの山になっている「ミルクヌガー」が復活です。
復刻版として発売になり、現在でも30円で販売されています。
駄菓子などを置いている所で、見かけることありますよね。

1991年に、1つ山のチロルチョコにバーコードを入れることができるように、チロルチョコを少し大きくした20円チロルチョコの発売が始まります。今回の写真の「コーヒーヌガー」と「ミルク(生クリーム入り)」がこの20円チロルにあたります。

この頃から、スーパーやコンビニでは20円チロルの発売が主流になり、10円チロルはバラティーパックやミックスなどのようなセット商品としての販売が多くなりました。

アーモンドやパフの発売が始まったのもこの頃です。
2000年までの間、まだまだこの頃の新商品の数は、両手の指を合わせた10本で数えることができる範囲で、抹茶やいちごムース、フレークなどが発売になっています。

さらに、ヨーグルトやパイン、エッグタルトなどのおもしろいチロルチョコなどの発売もあったようです。

そうして2003年、やっと「きなこもち」の誕生です。
当時は、冬のバラエティパックの中の1種類として発売になっていたんですが、とても人気が高く、秋冬限定できなこもち単品での販売を始めることになりました。

新商品の量が増え始めたのは、2006年頃からです。
前年の2005年は5商品だった新商品が、2006年には、19種類も発売になっています。

私の勝手な予想ですが、2004年に松尾製菓さんから、企画・販売部門がチロルチョコ株式会社として新たな出発をしました。

これによって、チロルチョコ株式会社では、チロルしかないといっていいほどにチロルを販売しています。他商品のことを考える必要がないのですから、とにかくチロルを作って売ることに集中できるようになったということなのでは?と予想しています。

今までに発売になったチロルチョコの種類は、全部で400種類以上あり、300種類のフレーバーが使われてきたそうです。他製菓会社が、A商品とB商品のことを考えている間に、チロルチョコさんでは、チロルのことだけ考えることができるんですから、新商品の数が多いのも頷けますよね。

この頃から、コラボ商品も増えていきます。サンリオのキャラクターやアニメとのコラボだったり、ジュースやお菓子とのコラボだったりとチロルチョコさんも大忙しです。

そんなコラボ商品の中には、他会社のお菓子や飲料でチロルチョコの味を表現しているものもあります。その中から、今回、私がみつけたのは山崎製パン×チロルチョコの

「コーヒーヌガークリーム大福」
「ミルククリーム大福」
「きなこもち風味クリーム大福」

の3種の大福です。
去年(2018年)5月に3個入りで発売になっていたんですが、今年は4個入りになって4月下旬に発売になっています。

パッと見、すごい大きなチロルチョコに見えてしまう感じで、私は完全に騙されて、2度見してしまいました(笑)

今回は、思っていた以上にチロルチョコの歴史部分で長くなってしまっているので、簡単に値段と内容量とカロリーくらいだけ入れながら、味別で感想を書いていこうかと思います。


・20円コーヒーヌガー&コーヒーヌガークリーム大福

【買った値段(スーパー)】
・チロル・・・税込19円
・大福・・・税込90円

【内容量】
・チロル・・・1個
・大福・・・4個

【カロリー(1個当り)】
・チロル・・・48kcal
・大福・・・79kcal

コーヒーヌガーの香りをしっかり表現している大福ですが、こうして並べて見てみると、色合い的には、全然違いますね。

暑さでチロルチョコが少し溶けてきてしまっていますが、チョコレートの内側のコーヒーヌガーの苦味がおいしいのは、たくさんの人が知っていることかと思います。

キャラメルのような食感で、冷蔵庫で冷やすととってもかたくて~という食感は、コーヒーヌガークリーム大福には感じることはできませんでした。

チロルチョコの中でもコーヒーヌガーが1番好きな私。
ついつい厳しく見てしまうという部分もあるかもしれませんが、コーヒーの苦味にプラスして甘味もあって、これはこれでおいしいんですけど、チロルチョコのコーヒーヌガーかと言われると、ん~・・・


・20円ミルク(生クリーム入り)&ミルククリーム大福

【買った値段(スーパー)】
・チロル・・・税込19円
・大福・・・税込90円

【内容量】
・チロル・・・1個
・大福・・・4個

【カロリー(1個当り)】
・チロル・・・58kcal
・大福・・・79kcal

外側が茶系色で内側が白い、見た目は1番よく似ていますね。
大福の粉がとにかくすごくて、あまりきれいな写真にならなかったんですが、この粉がカカオの苦味を感じさせてくれていて、チョコレートっぽさを感じさせてくれます。

もともと「ミルク(生クリーム入り)」は、濃厚な甘味が特徴ですが、大福を食べてみると、さらに濃厚です。濃厚な甘味がすごくて、どちらかというと冬に食べたかったなぁという印象が強い大福です。

コーヒーヌガーよりはこちらの方がチロルチョコっぽさを感じる気がします。


・10円きなこもち7個入り&きなこもち風味クリーム大福

【買った値段(スーパー)】
・チロル・・・税込108円
・大福・・・税込90円

【内容量】
・チロル・・・7個
・大福・・・4個

【カロリー(1個当り)】
・チロル・・・32kcal
・大福・・・77kcal

何よりも表現力高いなと私が感じたのは、きなこもち。
これは、なかなかな感じで、もともとチロルチョコのきなこもち自体が、内側にむにゅっとしたものが入っていて、もち粉なども使われているので、大福にする時に表現しやすいというのはあるのかもしれませんね。

よく考えたら、きなこもちの味わいは大福が本物ですものね。
きなこもち風味クリーム大福の味わいをよくここまでチョコレートで表現しているよなと思うのが本来の道なのかなぁなんて思ったりも・・・

そう考えると、チロルチョコがきなこもちを表現しているのか、きなこもち風味クリーム大福がきなこもちのを表現しているのか、わけわからなくなってしまいます。

なんか、グダグダな感想になってしまっていますね(笑)
とりあえず、しっかりきなこの旨味があって、3種類の中で1番おいしかったかも。


わが家の感想は・・・

全員一致・・・それぞれがそれぞれを表現しているのがおもしろい。
特異な味や苦手な味はあるけど、食べてみたくなる。

という結果でした(^^)/
長文になってしまいましたが、最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/