スポンサーリンク

「チョコレート効果カカオ72%<旨み抹茶&香ばし米パフ><さわやかオレンジ&レモン>」紹介とわが家の感想

明治チョコレートor効果orメルティ―その他
スポンサーリンク

色鮮やかな緑色とオレンジ色がチョコレートの棚に並んでいて、ついうっとりしてしまいそうなチョコレート効果が新しく仲間入りして、

「チョコレート効果<旨み抹茶&香ばし米パフ>」
「チョコレート効果<さわやかオレンジ&レモン>」

が新発売になりました。
去年発売になった「チョコレート効果カカオ72%<カカオニブ>」と「チョコレート効果カカオ72%<蜜漬けオレンジピール>」との入れ替えということで、今回は、抹茶の味わいとオレンジ&レモンの味わいの2商品が仲間入りしてくれて、今までとは違った形でチョコレート効果を盛り上げてくれます。

2商品ともに製品中にカカオ分69%使われていて、

・抹茶の場合、米パフ3.8%と抹茶2.5%を使った香ばしい味わいで、カカオポリフェノールは、1枚当り120mg

・オレンジ&レモンの場合、蜜漬けオレンジピール4.1%とレモン果汁パウダー1%を使ったフルーティーな味わいで、カカオポリフェノールは、1枚当り128mg

が使われていて、それぞれのおいしさを楽しませてくれます。
2商品ともに、チョコレート効果としての味わいは、初めてなんじゃないかなと思います。

抹茶の旨味と香ばしいパフのコラボと、蜜漬けオレンジピールとレモン果汁のコラボ、どっちから食べるか迷ってしまいますね。

【商品名】
・明治「チョコレート効果 カカオ72%<旨み抹茶&香ばし米パフ>」
・明治「チョコレート効果 カカオ72%<さわやかオレンジ&レモン>」

【発売日】2019/09/03(火)

【買った値段(コンビニ)】税込237円

【アレルギー物質(27品目中)】
・抹茶&米パフ→乳成分、大豆
・オレンジ&レモン→乳成分、オレンジ、大豆

【内容量】
・抹茶&米パフ・・・49g→標準10枚(1枚:標準4.9g)
・オレンジ&レモン・・・52g→標準10枚(1枚:標準5.2g)

【カロリー(1枚当り)】
・抹茶&米パフ・・・29kcal
・オレンジ&レモン・・・31kcal

【名称】チョコレート


【注意点】
・2商品ともに、小麦を含む商品と同じ製造ラインで作られています。
小麦アレルギーの方はお気を付け下さい。

それぞれの外箱と同じ色合いのピカピカと光る個装で、なんといっても、この高級感がやっぱりチョコレート効果ですね。

なんて言いつつ、明治さんには申し訳ない話ですが、未だに定番チョコレート効果に辿り着いていないわが家・・・食べてみたいんですが、なかなか・・・

そんなわが家のようなタイプの人達にとっては、こうしてカカオにプラスして、なにか味わいがあると手が出しやすいですよね。

ここからは、別々に紹介したいと思います。


・旨み抹茶&香ばし米パフ

下側のチョコレートの断面にかすかに見える白い粒が、米パフなんじゃないかなと思います。

抹茶好きとしては、もう少し抹茶感がほしいかな~なんて思ってしまったんですが、食べてみると、香りで感じたよりは、カカオの苦味に紛れてほのかに抹茶の旨味が広がって、和と洋の心地いいコラボの味わいを楽しむことができます。

基本的に、抹茶味のチョコレートといえば、和を強調している抹茶の味わいのものが多いですが、ハイカカオのチョコレート効果らしく、洋が強調されている抹茶の味わいなのかなという印象です。

時折、米パフのサクッとする食感があるようなないような・・・
小麦パフとわかるようなしっかりとした食感や香り味わいを感じることは、残念ながらできなかったんですが、濃厚なカカオと抹茶の旨味があるのに、どこか落ち着きを感じる味わいで、安心感を持たせてくれます。

抹茶好きには、少し物足りなさを感じる人もいるかもしれませんが、これはこれで、落ち着きのある和と洋のコラボを楽しませてくれる味わいでしたよ。


わが家の感想は・・・

子ども1人+大人2人・・・大絶賛
子ども2人・・・絶賛。大人の味。
子ども1人・・・抹茶自体が苦手。
子ども1人・・・ハイカカオ自体が苦手

という結果でした(^^)/


・さわやかオレンジ&レモン

オレンジピールが1つ見えますね。
何も入っていないチョコレートもいいですが、こうしてプチっと何か入っているのがわかるチョコレートもいいですよね。

さすがカカオ72%というだけあって、正直に言うと、オレンジ&レモンの香りがカカオに負けてしまっている気がするんですが、食べてみると、レモンの酸味と蜜漬けオレンジの甘味がカカオの苦味を落ち着かせてくれていて、さらっとしたフルーティーな味わいに仕上がっています。

くにゅっとした蜜漬けオレンジピールの食感がアクセントになっていて、これがまた、カカオに紛れ込んだフルーティー感がとても香ばしくて、子どもでもおいしく食べることができました。

「ハイカカオが絶対にダメ!」という人でない限りは、おいしく食べることができるのではないでしょうか。


わが家の感想は・・・

子ども1人+大人2人・・・大絶賛
子ども3人・・・絶賛。少し苦いけどおいしい。
子ども1人・・・ハイカカオ自体が苦手

という結果でした(^^)/
最後まで読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

error:すみません。コピーはできません。